TuffServ 282 Rugged Network File Server

ts282
ts282-1

TuffServR 282 File Server (TS 282)は、有人環境で活用するための丈夫で高性能なファイルサーバーです。

タフな環境のために設計されたTS 282は、オペレータが移動できる場所であればどこでも使用することができ、一貫性と信頼性のあるパフォーマンスを過酷な状況でも提供します。


オペレータ設計

TS 282は、オペレータのニーズを満たすために徹底的に設計されており、内蔵電源のホールドアップ、異常を確認・解決するの手助けするフロントパネルディスプレイ、異なるデータソースを考慮した2つのメディアタイプ、メンテナンスを楽にする機能が搭載されています。


メディアのタイプ

TS 282の正面にある2つのドアは、2つのリムーバブルメディアタイプへのアクセスを提供します。:RSM、高性能・主要なストレージのための大容量モジュール、RASP、フライトプラン・データのアップデート・メンテナンスのようなアプリケーションのために設計された安価でより低容量なモジュール;両メディアタイプは、同時にアクセスすることが可能です。各メディアタイプは、TS 282から取り外すときに便利なI/Oアクセスを持つUSB3.0インターフェースをサポートしています。また、両メディアタイプは、標準のソリッドステートストレージデバイスの容量・復元力・経済性を活用するストレージに基づいています。また、より多くのパーマネントデータ転送ステーションへの統合のためのドッキングステーションユニットが利用可能であり、USB3.0を使用したステーションへの取り付けも利用可能です。


電源、ディスプレイおよびその診断

車両の電源が、遮断されるかもしれないような環境を作動させるために、YS 282は、外部電源なしに短い間だけシステムの操作を続けることができるだけの大容量なキャパシターバンクを持っています。デフォルト設定では、システムは、外部電源が消失した後、カウントを開始し、1000ミリ秒経過後にシャットダウンします。合計で最大6秒機能するだけの十分なエネルギーを保有し、作業中のアプリケーションとデータが、システムがシャットダウンする前に、安全にストレージに書き込まれることを保証します。


さらに、“Go/No Go”を決定するオペレータを支援するために、TS 282は、状態とBIT例外条件情報をオペレータに提供する調光可能なフロントパネルディスプレイを搭載しています。


また、トラベルシューティングとメンテナンスをするために、システムは、任意のケーブルを搭載した車両にインストールされたシステムからアクセスすることのできるフロントアクセス可能なEthernetインターフェースを導入しています。


拡張とオプション

TS 282は、追加のネットワークインターフェースまたはインターフェースタイプを提供するために使用される2つの拡張サイトを搭載しています。ファイバーチャンネル、Ethernetネットワークスイッチ、MIL-STD-1553、シリアルFPDPはすべて使用可能です。


機能/特徴

  • 200MB/s以上の読み込みもしくは書き込みスループット
  • 6秒フルロードパワーホールドアップ
  • 標準デュアルギガビットEthernetインターフェース
  • 任意の追加のEthernetおよび/またはファイバーチャンネルネットワークインターフェース
  • 2つのリムーバブルメモリーモジュール
  • MIL-SRD電源とコネクターを持ち、丈夫に設計された、MIL-STD-810環境

Download Datasheet

Category: