BLUE IQ

陸海空及び宇宙空間プラットフォームのための高度なデータマネジメント



陸海空及び宇宙空間プラットフォームは常にデータ容量を増加させていきますが、この増加は情報を効率的に調査、分析できる能力を追い越しつつあります。AMPEX社がこの問題を解決するために開発したBLUE IQは、空中や宇宙空間、また地上のセンサーによるディープラーニングを利用してデータの認知分析を行います。



BLUE IQは、高速・大容量・頑強なコンピュータデバイスです。機械学習による内容分析手法を用いて、プラットフォームでリアルタイムに収集されるデータ内容に基づき高度な解析・決定を行います。



BLUE IQは、解析機能性をデータ収集を重きに置き、画像・動画識別、タギング、アノテーションを行うことでオペレーターやアナリストの負担を軽減します。



順応性があり神経のように張り巡らされたネットワークプロセッサは幅広い識別機能が埋め込まれており、脅威の変化に応じて再教育されます。当社で完全に統合したディープラーニングシステムは、高スペックなサーバを必要とせず、レガシーなデバイスプラットフォームで機能するよう設計されました。BLUE IQは当社の現存ハードウェアに対する互換性をもつように設計されており、大抵のケースに於いて大掛かりな修正は不要です。



BLUE IQのアドバンテージ

  • センサーによるデータ提供、動画識別、理解
  • KLVダウンリンク内におけるKLVアノテーションメタデータの提供
  • リアルタイムなフィードによるオペレーター、アナリストへの合図
  • 対象とする記録データの素早い検索
  • テレメトリ、電子戦データの分析や理解