電子戦及びRF信号データ


Ampex社は、電子戦(EW)の需要に対応するためのお手伝いをします。あらゆるタイプのEWシステムでは今後、収集したRFデータを保存し、より大きなEW解析エコシステムに供給できることが求められます。また、電子攻撃及び保護装置の「エンジン」を駆動するために、より大きなオンボード処理能力が必要とされます。Ampex社 の高速、大容量データシステムのラインアップは、これらの要件を満たすように設計されており、E-2 ホークアイ、イーグルパッシブ・アクティブ両用警戒残存システム(EPAWSS)、および次世代ジャマーに配備されています。


line

TuffServ 640 Ten Gigabit Recorder / Server


TuffServ 640(TS-640)は、最高速度と最大容量を備えたAmpex社のシステムとして、現在及び将来のEWシステム(複数の10GigEインターフェース)の要求に対応する能力を備えています。また、TS-640のフロントパネルモデルには、多くのEWシステムメーカーに共通のシリアル・フロントパネル・データポート(sFPDP)インターフェースが搭載されています。


<詳細はこちら>

TuffServ640

TuffServ540

TuffServ 540 Rugged Recorder / Server


TuffServ 540(TS-540)は、1720立方センチメートル(高さ7.4cm x 幅10.8cm x 奥行21.6cm)のフォームファクタにAmpex社の最高性能デバイスのパワーを搭載しているため、EWポッドまたは無人航空機アプリケーションに最適です。「次世代ジャマー」プログラムは、モジュラーポッドでTS-540を使用して飛行試験を実施しています。


<詳細はこちら>


TuffServ 480v2 Gigabit Ethernet Airborne Network Server


TuffServ® 480v2(TS-480v2)は、最高規模の速度とストレージ容量、または最小サイズを必要としないお客様のニーズに合ったソリューションを提供します。TS-480v2のフロントパネルモデルには、多くのEWシステムメーカーに共通のシリアルフロントパネルデータポート(sFPDP)インターフェイスが装備されています。 TS-480v2は、「イーグルパッシブアクティブ警告サバイバビリティシステム (EPAWSSS)」の飛行試験をサポートするために使用されています。


<詳細はこちら>

TuffServ480v2

TuffServ282

TuffServ 282 Rugged Network File Server


TuffServ 282(TS-282)に搭載された2つのリムーバブル・ストレージ・モジュール(RSM)は、お客様の利便性を向上させます。収集したEWデータは片方のRSMに保存でき、もう片方のRSMはオンボードのEWシステムに設定データやミッション計画データをアップロードするために使用できます。米海軍E-2ホークアイには2台のTS-282が搭載されています。


<詳細はこちら>


TuffCORD Mission Data Recorder


TuffCORDは、低コストのEWデータストレージに対するお客様のニーズを満たすのに役立ちます。わずか5ポンド強、109立方インチのTuffCORDは、4テラバイトのストレージを備え最大250MB/秒のスピードを実現します。


<詳細はこちら>

TuffCORD

CAR

Common Architecture Recorder (CAR)


無人システムがEWの領域でより大きな役割を果たすようになるにつれ、Common Architecture Recorder (CAR)の重要性が増してきています。 無人システムのためのコスト、性能レベル、サイズに特化して設計されたCARは、成長する無人EWプラットフォーム市場に最適です。


<詳細はこちら>


miniRv2 Solid State Recorder


miniRv2は、一定数のお客様がEWデータストレージデバイスに求めているモジュール性を向上させています。ネットワーク接続型ストレージシステムであることに加え、miniRv2のベースユニットには、8つのI/Oモジュールまたは「スライス」を追加して、様々なタイプの複数の入力に対応することができます。ユーザーはEWデータと他のデータタイプを同じデバイスに記録することができます。 変更が必要な場合は、システムの「ガット」を開くことなくminiRv2のベースユニットの外側にモジュールを追加したり、取り外したりすることができます。


<詳細はこちら>

miniRv2

Amux700

AMux 700 Data Acquisition Unit


AMux 700は、長年にわたって飛行試験データ収集分野の主力製品として使用されてきましたが、EWミッションシステムにも適しています。モジュール化されているため、8つのEW I/Oモジュールまたは「スライス」をAMuxに追加して、様々なタイプの複数の入力に対応することができ、EWデータやその他の信号をユーザーの好みのストレージデバイスに送信することができます。変更が必要な場合は、システムの「ガット」を開くことなくAMux 700の外側にI/Oモジュール追加したり、取り外したりすることができます。


<詳細はこちら>


AMux 1000 Data Acquisition Unit


AMux 1000は、EW信号収集のモジュール性を究極に高めた製品です。AMuxには、8つのビデオI/Oモジュールまたは「スライス」を追加して、様々なタイプの複数の入力に対応できるため、EWやその他の信号タイプをユーザーの好みのストレージデバイスに送信することができます。変更が必要な場合は、システムの「ガット」を開くことなくAMux 1000の外側にI/Oモジュール追加したり、取り外したりすることができます。


<詳細はこちら>

Amux1000

TRS350

Ethernet Data Recorder TRS350


TRS350イーサネットデータレコーダは、標準的な2U 19インチラックマウントユニットで利用できます。このユニットは、オプティカルとして設定可能な2つの10ギガビットイーサネットインターフェースと2つの1ギガビットイーサネットインターフェース(1000Base-T)を提供し、40-GigE、100-GigE、さらにはWiFiネットワークにも対応する拡張機能を備えています。


<詳細はこちら>