統合的な飛行試験システム


Ampex社は、ネットワーク接続ストレージ(NAS)システムとChapt10等の規約に準拠した記録を以て飛行試験計装に革命をもたらしました。 テストデータの取得と記録にNASシステムを使用すると、ユーザーはソフトウェアアプリケーションをデータホストして実行し、プロセスを強化できます。これには、Ampex社のどのデバイスでも実行可能なサードパーティ製ソフトウェアやAmpex社独自の「ACCE」アプリケーションが含まれます。


Ampex NASシステムとAmpex Common Compute Environment(ACCE)の組み合わせにより、ユーザーは記録データ構造と制御プロトコルを定義することができます。これにより、同じハードウェアでほぼすべてのテストデータタイプをキャプチャし、コストを節約できます。 ユーザーが同じハードウェアを使用してPCAP・IRIG 106・UDP・iNET・IENA-TCPなどを記録する必要がある場合にも柔軟に対応できます。


line
ACCE

Ampex Common Compute Environment (ACCE)


Ampex Common Compute Environment(ACCE)ソフトウェアスイートは、データとデバイスの管理から複雑さを取り除き、データを損失することのない操作を実現します。ACCEはAmpex TuffServシリーズのシステムに共通で、かつ業界で最もシームレスな記録環境を作成します。極めて機能豊富なデータ収集ソフトウェアスイートであるだけでなく、非常に使いやすくなっています。ウェブベースのGUIは、目的とするデータとデバイス管理機能をシンプルかつ直感的に実行することができます。


<詳細はこちら(米国Ampex社サイト)>



TuffServ 640 Ten Gigabit Recorder / Server


高度な技術プラットフォームに関連したより複雑なデータタイプに対して、強力なフライトテストデータ収集・保存システムであるTuffServ 640(TS-640)はお客様のご要望を満たします。TS-640は、運用中にデータを迅速に保存するように最適化されており(1.9ギガバイト/秒)、ダウンロードする前に複数のテストフライトを処理する能力があります(100テラバイト以上のデータまたはストレージ)。


<詳細はこちら>

TuffServ640

TuffServ540

TuffServ 540 Rugged Recorder / Server


TuffServ 540は、「狭い」スペースでの飛行試験データのニーズに最適です。 翼のテストポッドでもコックピット内のテストポッドでも、わずか1720立方センチメートル(高さ7.4cm x 幅10.8cm x 奥行21.6cm)で、TS-540は完璧にフィットします。 その小さなサイズと驚異的なスピード(毎秒900メガバイト)のため、F-18プログラムではダウンリンクの前にコックピットディスプレイのテストデータをトランスコードするためにTS-540を使用しています。サイズ、速度、容量の組み合わせにより、TS-540は、「艦隊システム」の計装化への傾向が高まるにつれて、ミッション航空機でのテストデータの収集と保管に理想的です。


<詳細はこちら>


TuffServ 480v2 Gigabit Ethernet Airborne Network Server


F-15プログラムでは、電子戦アップグレードの飛行試験の一環として、TS-480シリーズが長年にわたって使用されてきました。TS-480の「FP」(フロントパネル)モデルは、RFシステムメーカーに共通のシリアルフロントパネルデータポート(sFPDP)インターフェースを備えているため、レーダーを含むRFデータをキャプチャして飛行試験を行うのに最適です。


<詳細はこちら>

TuffServ480v2

TuffServ282

TuffServ 282 Rugged Network File Server


TuffServ 282は、2つのリムーバブル・ストレージ・モジュール(RSM)を標準装備しており、ユーザーは大容量のRSMに飛行試験データを記録しながら、コンパクトなRSMを使用して設定やミッション計画、その他のデータをアップロードすることができます。米海軍のE-2 Hawkeyeには2つのTS-282が装備されており、陸上での運用試験データと海上でのミッションデータが記録されています。


<詳細はこちら>


TuffCORD Mission Data Recorder


飛行試験データの取得と保存操作では、最上位のTuffServ製品のような高速性や大容量を必要としない場合も多いです。その場合、TuffCORDは確実なソリューションとなります。TuffCORDは、低コストで、さまざまな飛行試験データを保存するために必要な汎用性を備えています。Ampex社のAMuxデータ収集ユニットと組み合わせることで、柔軟で低コストのフライトテストオペレーションを実行する手段を提供します。


<詳細はこちら>

Tuffcord

CAR

Common Architecture Recorder


Common Architecture Recorder (CAR)は、試験データの記録を資本コストから運用コストにシフトしようとする飛行試験プログラムに最適です。 対応可能なネットワークファイルサーバー機能を提供しながら、お客様に最低コストの記録オプションを提供します。一時的なソリューションが必要な場合に、狭いスペースに設置する「クイックフィックス」計装にも最適です。


<詳細はこちら>


miniRv2 Solid State Recorder


数十年の歴史を持つオリジナルのminiR700は、飛行試験の取得およびストレージ領域(従来のIRIG 106 CH10)の定番であり続けています。そして、アップデートされた miniRv2 は、その実績と信頼性の高い機能を21世紀にもたらします。miniRv2は、さまざまな飛行試験データタイプのデータ取得モジュールを外部から追加する機能を保持していますが(元のモジュールは新しいバージョンでも機能します)、ネットワークファイルサーバ(NFS)機能を備えたネットワーク接続ストレージシステムとなっています。Ampex Common Compute Environment (ACCE)を使用してソフトウェア定義記録を実行し、お客様のサードパーティ製ソフトウェアの実行に加えて、ネットワーク中心のトポロジ(iNET、IENA、DAR対応)を処理することができます。


<詳細はこちら>

miniRv2

Amux1000

AMux 1000 Data Acquisition Unit


AMux 1000 Data Acquisition Unit(DAU)は、AMux 700 DAUのアップグレード版であり、既存の飛行試験計装アーキテクチャに最適なペアです。AMux 1000とAmpex TuffServネットワークファイルサーバを組み合わせることで、計測プロセスの継続性を実現します。TuffServと同様に、AMux 1000は現在、飛行試験データ管理に理想的なAmpex Common Compute Environment (ACCE)を活用していますが、AMux 700およびminiRv2 I/Oモジュールとの下位互換性があります。


<詳細はこちら>


AMux 700 Data Acquisition Unit


AMux700 Data Acquisition Unit(DAU)は、何十年にもわたって飛行試験データ収集の定番となっています。 AMux700は、その取得モジュールの配列を使用して、さまざまな飛行試験データタイプを取得し、それらを多重化してIRIG106 Chapter 10形式で出力できます。 AMux 700とAmpex TuffServネットワークファイルサーバーを組み合わせることで、ユーザーはデータの取得と保存を完璧に組み合わせることができます。


<詳細はこちら>

Amux700

TRS350

Ethernet Data Recorder TRS350


TuffServ Rackmount System 350(TRS350)は、空中環境向けに作られたAmpex TuffServ製品の機能を地上でユーザーに提供します。Ampex Common Compute Environment (ACCE)ソフトウェアを実行して、ソフトウェア定義を記録し、ネットワーク中心のトポロジ(iNET、IENA、DAR対応)を処理します。また、TRS350は、直観的なユーザーインターフェースで取得、配信、記録、処理機能の完全なレンジ制御を提供するGDP Space Systemsのテレメトリレンジ管理ソフトウェア(TRMS)制御アーキテクチャに統合されています。


<詳細はこちら>