AMux 1000 Data Acquisition Unit

amux700

AMux 1000 Data Acquisition Unit: 柔軟な設定機能とスループットスピードの飛躍的な向上


標準ベースのネットワークマルチプレクサ

AMux 1000データ記憶ユニット(DAU)では、元のAMux 700からサイズ、重量、出力は変わらないまま、処理速度、記憶容量、ユーザ設定の柔軟性が格段に向上しました。システムアップデートとして、新型のIntel Atom®プロセッサ、低コストなソリッドステートリムーバブルメモリ、新型マルチプレクサ、高速インターフェース、Ampex ACCEマネジメントソフトウェア、既存のI/Oモジュールインターフェースに対する完全な上位互換性などが挙げられます。Ampex miniR 700及びAMux 600, AMux 700マルチプレクサによる既存のお客様のデータインターフェースは互換性が満たされます。DAUは、IRIG 106 Chapter 10パケット及びストリームフォーマットを用いたネットワークマルチプレクサです。信頼性のあるTCP/IP接続または多用途のUDP/IPパケットストリームを用いて、サポートするインターフェースから受け取ったデータのタイムスタンプを記録し、イーサネット上で単一ネットワークの出力ストリームを提供します。UDPを用いると、AMuxはより広い用途に対してマルチキャストアドレッシングを使用することが可能になります。新型のAMux 1000は、高速な伝送速度をもつPCIe I/Oインターフェース及びPCIe CPUに対応します。ベースとなるDAUユニットには現在、ギガビットイーサネット及びパワーフィルタが標準搭載されています。今後の開発によって、宇宙分野の新たなアプリケーションのための耐放射線監視モニターなど、お客様の様々なご要望に合わせたカスタムインターフェースに対応し得るオプションをご用意して参ります。


設定および再構成が可能

miniR 700v2レコーダーのモジュール性に基づき、AMux 1000 DAUベースシステムでは、CPUコントロールユニット、専用のタイムコード入力が付加されたPCIeマルチプレックスモジュール、ギガビットイーサネットポート、AM-801ギガビットイーサネット出力モジュールが組み込まれています。入力モジュールは追加でき、それぞれに必要な電源供給や性能次第で7つから9つ付加できます。IRIG-BまたはHAVE QUICK timeを用いてPCIe-MUXモジュールへ時刻を供給でき、あるいはNTPまたはIEEE1588 PTPをネットワーク上で用いても時刻を取得できます。幅広い環境でニーズを満たせるよう、パワーフィルタやホールドアップモジュールを利用でき、AM-901モジュール付加のGPSをオプションで付けられます。パケットの損失がなくデータを正確に届けるAM-801出力モジュールの性能によって、達成できるシステムの処理能力としては、入力される数値、文字列にも左右されますが、平均1,000MBits/secのペイロードを処理できます。


  • イーサネットデータ記憶ユニット(DAU)
  • IRIG 106 Chapter 10 パケットフォーマット
  • モジュール式の拡張可能かつ柔軟なI/Oオプション
  • ギガビットイーサネット出力インターフェース
  • 高速イーサネット制御インターフェース
  • 内蔵型ギガビットイーサネットスイッチ
  • miniR® 700及びAMux™ I/Oモジュールとの互換性
  • TCP, UDP及びマルチキャストUDP出力モードをサポート
  • 伝導冷却された航空機定格の筐体

データインターフェース、フォーマット

  • IRIG 106 Chapter 10 パケットフォーマット
  • ネットワーク収集及び出力インターフェース
  • SDビデオ、MPEG2、MPEG4
  • HDビデオ、H.264/AVC、モーションJPEG2000
  • IntelliBus®インターフェース
  • 多様なAMux I/Oモジュール: PCM, UART, アナログ, アビオニクスバス

Download Datasheet

 
≫modules
Category: